『膣内リアルサウンドヘルス -膣音ちつね-』膣内バイノーラル音声・耳舐め CV:紅葉美兎 (くれはみう)

『膣内リアルサウンドヘルス -膣音ちつね-』膣内バイノーラル音声・耳舐め CV:紅葉美兎 (くれはみう)
サークル名 雷夢 ホームページ http://keep-silence.info/
販売日 2017年06月24日 年齢指定成人向け  作品形式同人ソフト 音声 ファイル形式MP3WAV同梱 / WMA同梱 その他音声あり 体験版
ジャンル : 癒し 汁/液大量 耳かき 中出し フェラチオ イラマチオ


作品紹介より


脳から癒される膣内音声で子宮に帰ろう!
最もエロい音でもあり最も癒される音…膣音…
バイノーラルマイクによる立体サウンドで大興奮間違いなし!
プレイ中にずっと膣内の音を確認できます!
360度の淫音に包まれながらのプレイで完全射精!CV:紅葉美兎 (くれはみう)


◆おすすめポイント!

濃厚なバイノーラルサウンドで聴覚から脳みそを刺激!
アドレナリンの開放で常にフルオッキ状態に!
音宇宙に身を委ねて全身で快楽を体感できます!
CV:紅葉美兎(くれはみう)様の責めのボイスもオススメ!!


■あらすじ

ここは近未来の世界…数々の充実し進化したヘルス…しかしどれもありふれたヘルスばかりだった…
そんな中、開発されたヘルスが膣内リアルサウンドヘルス…元々、医療用に開発されたシステムだが、
進化を遂げヘルスにも応用されるようになった。最初にシステムを導入したヘルス店…膣内リアルサウンドヘルス膣音(ちつね)
ハイパーバイノーラルサラウンドで五感を刺激し多くのユーザーから利用されている。
【ハイパーバイノーラルサラウンドシステムとは】
音で体を癒すハイフォニックテクノロジーが見直され、女性の体内音を特殊なハイパーバイノーラルマイクで取得し
ユーザーの聴覚に直接伝達する女性の体内音で癒す技術である。

■シナリオ

それじゃあ…… 筋肉と心の緊張をほぐすためと、
性的な感度をあげていくために、耳舐めをしますね?
そのまま、ソファに座ったままでいいですよ。
んふふふふ、そんなもの欲しそうな目で私を見て、
か・わ・い・い…… んふ♪
はぁむ…… んんんん、んじゅじゅじゅじゅじゅじゅ、
じゅるるるるる、じゅじゅじゅ、じゅじゅじゅ。
じゅるるる、ちゅちゅちゅ、れろれろれろれろれろ、
んんん、んずずずずず、じゅじゅじゅじゅじゅじゅ、
んちゅちゅ、くちゅちゅちゅ、ちゅちゅちゅ……
どうですか? 耳、舐められると気持ちいいでしょう?
耳には、様々な神経が走っていて、
特に触覚には敏感なんです



■登場人物

YUKA(ゆか)
膣音で働くヘルスアイドル。
未来でのヘルス嬢はアイドル扱いされている。
ランキング上位に君臨する程の人気ぶり。YUKAの人気の秘訣は愛嬌と妥協を許さないサービスである。
膣音は人それぞれの音があるが、YUKAの膣音は癒しの音域が非常に高く、プレイだけでなく癒しにも効果が高い。
YUKAは明るく優しいので、リピーターも多い。暖かい飲み物が好き。

■シーン内容4

【シーン1】11:37 システムの説明・淫乱な耳舐め
【シーン2】11:08 膣音・心音・クンニ
【シーン3】11:35 膣音・シックスナイン・フェラ
【シーン4】15:10 膣音・本番・アナル責め
【シーン5】04:19 安らぎの一時… 



総再生時間 53分

◆ファイル形式

MP3形式 118~144kbp
WAV形式 96kHz/24bit
WMA形式 48kHz/16bit
ハイレゾ音質


ジャケットイラスト 6枚付き
1120*830px

企画:オリハル
CV:紅葉美兎(くれはみう)
シナリオ:聖兎月
イラスト:オリハル
関連記事

Comment

(編集・削除用)

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

DLsite割引中作品

検索

表示中の記事

音声作品出演数(テスト)

最近の作品

人気の作品(月一更新)
【タッチ耳かき】道草屋-たびらこ3-いっしょにタッチケア/はみがきレッスン【骨伝導風はみがき】
【タッチ耳かき】道草屋-たびらこ3-いっしょにタッチケア/はみがきレッスン【骨伝導風はみがき】

愛枝今日子様 御崎ひより様
なんだかんだ優しい黒ギャルなお姉ちゃん
なんだかんだ優しい黒ギャルなお姉ちゃん

かの仔様
【日向耳かき】道草屋 はこべら-移動珈琲店/よるの動物さん【這より悪戯】
【日向耳かき】道草屋 はこべら-移動珈琲店/よるの動物さん【這より悪戯】
琴香様

Copyright © 声方見聞録